So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

パッセンジャー [映画]

あんまり宇宙モノは好きじゃないけど
ジェニファー・ローレンスだから見ました。
でもこの作品、宇宙というより、人間の
気持ちを中心に描いていて、私のような
宇宙や近未来が苦手な人でも、大丈夫だと
思います。

私がもしオーロラの立場だったら、やっぱり
混乱しちゃうだろうなぁ。
ほんと、殺人と一緒だし、ずーっと2人きり
って耐えられるんだろうか?

舞台はほとんど宇宙船のなかだけど、その
描写もけっこう楽しめたな。
でもまぁ思ったよりはよかった程度だけれど。

エイミー、エイミー、エイミー! [映画]

これ、すっごい楽しかった!
間違いなく、今年見たなかでNo.1です!
まぁよくあるラブコメディの展開なんだけど
よく練られているんだよねぇ。
またエイミーとアーロンが美男美女じゃない
ところがいい!
雑誌記者とスポーツ外科医なのに、まったく
スタイリッシュにならないその外見に
ものすごいリアリティを感じる。

頑固な父、冷たい妹、変わり者の義理の甥、
個性的な同僚といった登場人物たちもいいし、
私はスポーツ関係まったくわからないけど
選手たちは本人なんですよね??
マシュー・ブロデリックも本人役で出てるし
劇中の映画にはダニエル・ラドクリフが
出てるし、なんかすっごい豪華なのに
あんまり話題になってないのはなんでだろう?
ティルダ・スウィントン、ブリー・ラーソン、
エズラー・ミラーも出てるのになぁ。

アップタウンガールで泣かされるとは
思ってもみなかった!
私がアメリカンと言う時はだいたい否定的に
使うんだけど、この作品には全面的に肯定的に
アメリカンと使いたい!!
エイミー・シューマーすごいなー。
主演もすごいけど、あの脚本を書いたのも
エイミーなんだもんなぁ。

私はダニエル・ブレイク [映画]

ううーん、これ、いまの日本にもかなり
ありそうな状況です。
確かに役所関係の手続ってこういうところ
あるよね!って共感するけれど、私は
役所側の立場もわかるので、役所のこういう
対応を避難もできないんだよな。
だってダニエルみたいな正しい申告者では
ない場合も多いんだもん。

ダニエルのまわりにいる人たちもなかなか
興味深い人物たちで、すごく印象的。
リアリティがあって、生きてる人たちだった。
デイジーがかわいかったなー。
デイジーのセリフにグッきたし!
お隣の住人もよかったな。
こういう関係、大事だよねー!って素直に
思えました。
そういうところも含めて、いい作品だった!

シング [映画]

吹き替え版のほうが上映時間がちょうど
よかったので見ちゃったんだけど
字幕版のほうにしとけばよかったなぁ。
ぜんぶがぜんぶ、吹き替えてるわけでは
なくて、歌が英語のままなところが
いくつかあって、なんか違和感!
マシュー・マコノヒーや、リース・ウィザー
スプーンの声で見たかったな。

お話的にはまぁ予想通りのウェルメイドな
展開だし、いかにもアメリカンなのは
わかってたんだけど、もっといろんな歌が
テンコ盛りかと思っていたら、最初の
オーディションと最後のショウくらいで
それにもがっかり。

Gimme Some Lovin'で始まって、The way
I feel insideに続いたので、おぉっ!?と
思ったら、その後の選曲はあんまりセンス
というかこだわりが感じられなくて、それにも
なんだかがっかりだったし。
やっぱりこんなもんだったかって感じですね。

アサシン クリード [映画]

マイケル・ファスベンダーだから、つい
見ちゃったけど、作品としてはあまり好きな
ジャンルではないし、期待してませんでした。
まぁ予想通りの物語で、なにもかもまったく
興味を持てず、眠くなるところもチラホラ。
でもアクションはすごかったかな。
マイケル・ファスベンダー、アクションも
しっかりできちゃうって改めて確認するしか
見どころはありませんでした。
高所でのジャンプを失敗するってアクションは
すごいなぁって思ったけど。

もうね、マイケル・ファスベンダーには、
この手の作品、断ってほしい。
科学者もマリオン・コティヤールじゃなくても
いくらでもいそうなんだけどな。

お嬢さん [映画]

韓国人が、日本統治下の韓国を舞台に
描いているというので、見たくなかったけど
まぁまぁ評判がいいので見ちゃいました。
やっぱり私、韓国映画はあんまり好きじゃない
ということを再認識。
まぁ韓国映画にもいい作品はあるんだけど
これはダメだった。

日本人という設定の主人公が整形した韓国人の
顔だし、日本語も韓国訛り。主人公に限らず
どの日本人も韓国訛りなうえ、日本の家屋とか
衣裳なんかもすごく違和感。
結婚式自体もおかしいし、花嫁衣装もおかしい。
そういうところばかりが気になって、ちっとも
物語に入って行けず、サスペンス的な展開も
まったく気にならなかった。
いったい何をみればよかったんだろう?
エロティックな表現も、私には気味悪いばかり。
まったくなにも楽しめなかったな。

さよなら渓谷 [映画]

吉田修一「さよなら渓谷」を読みました。
つい最近、映画を見たばかりで、映画のほうが
そこそこ良かったので、すぐ原作読むのもなぁ
と思いつつ読んだのですが、原作のほうが
うんと心に残る! 映像にならなかった多くの
ことが響いてきます!

主人公たちが住んでいる団地のなりたち、
野球部の事件にかかわった4人のそれぞれの
その後、描かれている時の嫌な暑さ・・・
それらが映像よりもうんと伝わってきて
話の展開はわかっているのに、読んでいて
おもしろかった!
やっぱり映像と文字は別物として考えたほうが
いいんだな。
どちらもそれぞれにおもしろくて、響く場所が
まったく違う感じです。

素晴らしきかな、人生 [映画]

ウィル・スミス主演だから期待しちゃ
いけないと思いつつ、共演者があまりにも
豪華なので見ちゃいました。
あんまり期待してなかったせいか、意外と
しっかり作ってあって、楽しめました。
そもそも邦題がだめですよね。
フランク・キャプラのリメイクと思わせて
客をよぶ作戦なんじゃないかと疑って
かかってましたもん。
ほんと、邦題つける人には考えてもらいたい!

ハワードだけでなく、ハワードのまわりの
同僚たちにもそれぞれドラマがあったのも
よかったし、3人の舞台俳優たちそれぞれに
しっかりした存在感があったな。
これ、キャスティングの勝利だよな~。
ドミノも見ごたえあったし、現実的な
終わり方も好感持てました。
やっぱり見ないで批判しちゃだめですね。

ナイスガイズ [映画]

上映館が少なくて、見逃すのも仕方が
ないのかなぁと思ってましたが、評判が
いいので頑張ってみました。
いやはや、こりゃライアン・ゴズリングの
ファンにはたまらない一作です!
ラブアゲインでコメディもできると分かって
いたけれど、あのときはかっこよさを
笑いにしてましたよね?
でも今回は本当にダメなパパなんですよ。
芸達者だなぁ。器用でないとこういう
笑いはなかなかとれないと思う!
また更にライアンの役者としての幅がかなり
広がるのを見た! ファン必見の一作だ!

ラッセル・クロウもあまり好きじゃなかった
のに、これはすっごくいい!!
ナイスガイズのコンビネーションがまた
いいんだよなぁ。
アクションもストーリーもしっかりしてて
笑える! とにかくライアンが笑える!!

マーチの娘もまたいい!
こりゃちょっとキックアス的なヒットに
なるんじゃないだろうか?
同じキャストで続編できるといいなー。

チア☆ダン [映画]

なかなかよかった!
もしかしてすごくくだらないかもと少し
覚悟してたんだけど、しっかりした物語で
泣けました。
生徒周りの話はちゃんと作られてたけど
大人回り(特に先生)もしっかり作りこんで
ほしかったなぁ。
私はなぜかひかりよりも彩乃目線でみて
しまったんだけど、それはそれでしっかり
物語に入りこんで見られました。

チアダンスとチアリーディングは違うのか~
とか、チアダンスっていろんなダンスの
組み合わせなんだな!とか、冒頭で素人にも
わかる説明があったのもよかったな。
最後の最後で実際のチアダンス部の
スチール写真登場!
本当にアメリカ行ったんだな、彼女らは。
前の10件 | -
メッセージを送る